ANGA COM DIGITAL 2021

CETの6/8~6/10の3日間、ドイツのSCTEに相当するANGA主催のANGA COM DIGITALが、今年はCOVID-19の影響で物理開催なしの完全オンラインイベントとして開催中です。因みに来年のANGA COM 2022は、2022年5月10~12日の予定で、Cologneにて物理開催される予定です。

ANGAには200を超えるドイツのCATV事業者が加盟しており、合計で4千万を超える加入者にサービスを提供しているそうです。

以下のセッションを拝聴&チャットしました。

Fixed Mobile Convergence – Multiple Facets of FMC
6/8 22:00~23:00 JST
Speakers:
John T. Chapman CTO, Fellow, Cisco Systems
Eric Heaton Platform Solutions Architect, Intel-Network Platforms Group
Hanno Narjus SVP, Networks, Teleste

Intelligent Analytics of your Network – Preventing Failures
6/9 22:00~23:00
Speakers:
Gary Hamer SVP Sales and Business Development Manager, Smartlabs
Martin Beck CSO, DCT DELTA AG
Robert Flask Head of Product Line Management, Cable and Access Instrument Solutions, VIAVI Solutions

DAA and flexible MAC Architecture
6/10 21:00~22:00
Speakers:
Peter Wolff VP Solutions Architecture, CASA Systems
Nikhil Ariscrisna Technical Architect Lead for Cable, EMEAR, Cisco Systems
Benedikt Breuer Intl. Key Account Manager HFC Networks, AXING AG

Fiber, Virtualization and Multi Access Networks – the next Gen
6/10 22:00~23:00
Speakers:
Jorge Figueroa PON Solutions Manager, Harmonic
Jason Miller Technical Marketing Leader, Cisco Systems
Len Visser Product Line Manager, Power Solutions, Lindsay Broadband

ドイツにおけるDAAの現状と方向性が分かり、結構参考になりました。
CasaのvCMTS構想であるAxyomの情報が、少しですが得られたのも僥倖でした。

上のセッションに先立ち、独VovaFone CEOのDr. Hannes Ametsreiterによるキーノートスピーチの内容を、お名前は明かせませんがドイツ語に堪能な某氏のご厚意の抄訳で確認する事ができました。
提携団体である米SCTEの発表方針と良く同期しながらも、ドイツ固有の背景事情である規制や法令改正、公的補助金に言及しているあたりに、当局が同席しない限りは補助金の類には敢えて言及しない米国とは違うお国柄を感じました。

ANGAのおかげで、今週は昼夜逆転です。そろそろ頭痛がひどくなってきました、自律神経失調の再発が怖いので、明日の早朝は走り込みでもして汗をかき、体のバランスを戻そうと思います。皆さまもお体ご自愛ください。おやすみなさい。